ケータイ小説 野いちご

ポケットの中からの恋模様~くぅちゃん編~

プロローグ

これは、STORYがはじまるずっとずっと前のおはなし。

【ふしぎなくぅちゃん】

むかしむかし、あるところに、みずきちゃんという5さいの女の子がいました。

みずきちゃんには、大好きなくまのぬいぐるみのくぅちゃんがいました。ママとパパが誕生日にくれた、大切なくぅちゃん。どこにいくにもふたりはいっしょ、ねるときだっていっしょ、おふろのときも外で待っていてくれます。ようちえんに行くときだけはいっしょににいられないけれど、いっときもくぅちゃんのことを忘れることはありません。

そんなある夜のこと、くぅちゃんをだいてベッドに入っていたみずきちゃんでしたが、なかなかねつけませんでした。時間はもうすぐ12時です。

そのときです。うでのなかのくぅちゃんがむくむくっ、とうごき、するり、とみずきちゃんのうでからすりぬけました。

「みずきちゃん、行ってきまぁす」

そう言ったかと思うと、まどを開け、ぽぉんと飛び降りて、てくてく歩き始めました。

「な、な、なにが起こったの?と、とりあえず、おいかけなきゃ」

みずきちゃんは、ママとパパを起こさないよう、しずかにかいだんを下り、げんかんを出ました。くぅちゃんは、ちょっと先の角を曲がるところでした。

「どこに行くの?その先は森よ?」

くぅちゃんは、そのまま森の中をずんずん行きます。

(夜の森、こわいなぁ。でも、行かなきゃ)

ホー、ホー、というふくろうのなき声が聞こえる以外はしずまり返った森です。そこに、木でできたちいさな小屋が見えました。くぅちゃんはそこにはいっていきます。つづいて、うさぎさんのぬいぐるみや、わんちゃんのぬいぐるみも。

「わたしは、ゆめをみているのかしら?」

ゆうきをだして、みずきちゃんはドアを開けてみました。そこでは、動物のぬいぐるみたちがお茶をのんでいます。

「みずきちゃん、ぬいぐるみたちのお茶会へようこそ」

くぅちゃんが言いました20人くらいのぬいぐるみたちがいます。

「みずきちゃんは、ねむれなくなっちゃうから、ミルクね、はい。」

ちいさなカップに入っていたミルクは、あったかくて、あまくて、ほっこりした気分になりました。

「ママやパパが起きたらしんぱいするから、おくっていくよ。たかさんをよぶね」

ドアを開けて、くぅちゃんがぴぃーっ、とくちぶえを吹くと、おおきなたかさんがきました。

「こわがらないで、乗って。さぁ、行くよ」

たかさんが飛び上がり、ふたりは星がつかめるほどの空高くとんでいました。とおく、町あかりがみえます。

「きれいー」

「みずきちゃん、きょうのことはだれにもいわないでね。ママやパパにもだよ。ふたりのひみつ」

「うん、ひみつ」

家につくと、ふたりはそーっとママとパパのへやをのぞきました。ふたりとも、よくねむっています。

「よかった」みずきちゃんとくぅちゃんはほっとしました。

でも、みずきちゃんは、ひとつきになることがありました。

「くぅちゃん、またあしたから、おはなしできないの?」

「とくべつに、ねるまえの1じかんだけおはなししようか」

くぅちゃんはウィンクしました。「だから、今日みたいに危ないことはしないでね。やくそくだよ!」

「うん、やくそくするわ」

「じゃあ、今日はおやすみ」

くぅちゃんは、またまどから、ぽぉんと飛んで、あるいていきました。

つぎの朝、みずきちゃんはとてもふしぎなきもちでめざめました。くぅちゃんはうでのなかでいっしょにねていたのです。

みずきちゃんは不安でしたが、やくそくどおり、まいばん、くぅちゃんとねるまえの1じかん、おはなししました。友だちの話、楽しかったこと、かなしかったこと。

くぅちゃんはみずきちゃんにとって、今まで以上に大切な、大切なお友だちになったのでした。


おしまい。

< 1/ 12 >