ケータイ小説 野いちご

【続編】愛に飢えた孤独な少女は極上な愛と幸せを手に入れた。2

甘え方





柚香side







亜蓮「…柚〜?」


柚香「ん…なに」


私は今、ベッドで寝ている。


亜蓮「いや、今日なかなか起きてこないなって思ったんだけど…大丈夫?」


柚香「うん…」


心配そうに私を見る亜蓮に、笑いかける。

…本当は大丈夫じゃないけど。


亜蓮「あれ…きちゃった?」


柚香「…うん」


…バレてた。


そう、今日は月に1回のあの日。


裏にいる時はスイッチが入っていたからか、平気だったんだけど…最近ダメなんだよね…


しかも結構辛い…


亜蓮「とりあえず、寝てていいよ、俺が家事やっとくし、ご飯は?何がいい?」


柚香「んー…雑炊食べたい」


亜蓮「ん、じゃあできるまで寝てていいよ」


柚香「ありがと…」



私の彼氏、超できる人だ。

柚葉さんの言ってた通りだった…


"生理の時、亜蓮くんは絶対いい対応してくれる彼氏だと思うよ"


あの時は、なんでそう思ったのか分からないけど、多分來斗さんを見てるからそう思ったんだろうな…


來斗さん、絶対柚葉さんに甘そうだもん。






< 124/ 145 >