ケータイ小説 野いちご

【続編】愛に飢えた孤独な少女は極上な愛と幸せを手に入れた。2

バカップル


柚香side







亜蓮「柚〜?」



今、私は亜蓮と仕事をしている。


柚香「ん?」


亜蓮「パーティーの事なんだけどさ、組も合同にしねぇ?」



………は?



柚香「…何言ってんの?」



パーティーは、私達が正式に財閥を引き継ぐ事になったから、その記念パーティーみたいなもの。


財閥の人間は黒い事しててもほとんどが表の人間なのに…



亜蓮「だからさ、正統派の組だけ。さすがに時田組はまだ呼べないけど…」



正統派かぁ…







< 105/ 145 >