ケータイ小説 野いちご

無気力な高瀬くんの本気の愛が重すぎる。

占める割合


『マジでたまちゃんだけだからさ』

耳に張りついた言葉が次の日になっても頭から離れなくて、教室に入るだけでヒヤヒヤドキドキ。

ドアから覗いてつい高瀬の姿を探すのが日課になった。

忘れるとはいってもキスしちゃった微妙な仲だし、友達でもないけど見知らぬ関係とも言いにくい。

変な関係。

前のドアからコソコソしてたら、たまたま見えた見えた黒板に『上条・高瀬』って書いてあった。

そういえば、今日日直だった……!

しかも高瀬とだなんて!

「日誌取ってこなきゃ!」

ハッとしてカバンも置かずに職員室へ猛ダッシュ。

「失礼しま〜す!」

職員室の中は広くてキョロキョロしながら先生を探した。

あまりくることがないから、普段先生がどこにいるかわからない。

「おーい、上条! こっちだ」

「あ、先生〜、おはようございます」

「おう。日直か?」

「そうです、日誌ください」

「今高瀬に渡したぞ。すれ違わなかったか?」

た、高瀬?


< 65/ 229 >