ケータイ小説 野いちご

無気力な高瀬くんの本気の愛が重すぎる。

気になりすぎて〜高瀬side〜


ただどんな反応をするかなって、それもまた好奇心。

「ねえたまちゃん」

後ろの席のたまちゃんに、これでもかってほどの甘い微笑みを向ける。

「なに?」

だけど返ってきたのは淡々とした声。

今日はハーフアップで髪をまとめていて、ふわふわ感が絶妙にかわいい。

「俺、その髪型好きだよ」

わずかに瞳を揺らして動揺するたまちゃんを見たくて、わざとこんなセリフを吐く。

どうやったら笑ってくれるかなって、そんなことばっかり考えてる。

昨日だってスタンプいっぱい送ったのに、返ってきたのはバーカってそればっかり。

もっとまともなやり取りをしたいけど、返ってこなかったらって考えたら文字なんて打てなかった。

メッセージなんて基本面倒くさがりな俺はいつも途中で放置するのに、なにこの心境の変化。

返ってこなかったらって……?

そんなこと今まで思ったこともないのに。


< 57/ 229 >