ケータイ小説 野いちご

無気力な高瀬くんの本気の愛が重すぎる。

高瀬は友達?


次の日、バイトで夜遅くまで働いたあとファミレスを出た。

ふとタワーマンションの前を通ったとき、自然と足が止まる。

そういえば、高瀬ってここに住んでるんだっけ。

今頃なにしてるんだろう。

思わずスマホを手にして、メッセージアプリで高瀬の名前を出す。

スタンプを大量にやり取りした日以来、特に用事もなかったので高瀬とは連絡を取っていない。

幸いにも明日は日曜日。

高瀬なりにわたしのこと心配してくれてたよね……。

一応、報告とかするべきなのかな?

マンション前で頭を抱えていたら、オートロックのドアが開いて中から誰かが出てきた。

「あれ、たまちゃん?」

「た、高瀬……!」

うわ、なにこの偶然。

しかもマンション前で立ってるとか怪しすぎるでしょ、わたし。

高瀬はスウェットにパーカーという超ラフな格好。

寝ぐせがついた髪もボサボサ。

「なにしてんの? こんなところで」

「高瀬こそ、どっか行くの?」

「俺は今から走りに行くとこだよ」

ええ?

そんなスウェットで?

パーカーで?

まさに寝起きの格好だよ、それ。

マイペースだなぁ。

「もしかして、俺に会いにきてくれたとか?」


< 108/ 229 >