ケータイ小説 野いちご

続・隣人はクールな同期でした。

3章:事件ですか。事故ですか。


―――翌日。


「七星さん。
またお薬出しておきますね」

「はい、ありがとうございます」


『お大事に』と挨拶され
今日の診察は終わり。

月1回ペースで平日の午前中に受診し
定期的に術後の経過を診てもらい
終わって仕事に行くような生活をしている。


今日もこのまま会社に向かうため
肩に掛けてるトートバックから
スケジュール帳を取り出し
腕時計を見つつ駅に向かった。


平日の日中のためか
街中は人も車も疎ら(まばら)。
行き交う人もほぼいない静かな歩道を
手帳片手にボーっと歩いていく。


仕事の事を考えないとなのに
頭から離れないジンとの事。
こんな事で仕事が疎かになっちゃいけないけど
“恋は盲目”の意味が納得。


だからって
そんな事ばかり考えているせいで
まわりの音が耳に入らないワケはなく
もちろん背後から近付いてくる自転車の気配に
気付かないなんてはずがなかった。


通る邪魔をしないようにと思い
道をあけようと端に寄ったのに。


それなのに…
“それ”はあまりに突然に
アタシの想像を遥かに超えて起きた―――


< 94/ 151 >