ケータイ小説 野いちご

涙の数だけ

エピローグ







「せんせー!雰囲気変わったよね」


「せんせー!笑顔のほうが似合うじゃん」


「せんせー!ありがと」


今、俺を支えてくれているたった1人の生徒

少しの恋愛感情は胸の奥にしまったまま。



『あんまり廊下走るなよ』


『俺の奥さん?キレイだよ』


『お前らとは世代が違うっつーの』


そしてそのたった1人の生徒のおかげで
俺はいつの間にか変わっていた。


よく生徒に言われるんだ。


「先生、笑うようになったよね」

って。


『新垣ゆず』


俺の中で1番大切な生徒

そして


『涙を耐えた数だけ強くなれる』


そう教えてくれた生徒



「先生、もう本当に大丈夫だからね」


そしていつまでも強い生徒




ありがとな…新垣









【END】


→あとがき









< 37/ 38 >