ケータイ小説 野いちご

リボン~もう1度君に、プロポーズ~

8*大きな愛を贈ろう

12月のその日、私は純白のウエディングドレスに身を包んでいた。

「ママ、すごくキレイ!」

子供用のタキシードを着ている大晴が褒めてきた。

「ありがとう、大晴」

私はそんな我が子に向かってお礼を言った。

「希里恵ちゃん、おめでとう」

そう言って声をかけてきたのは、サーモンピンクのドレス姿の雪穂さんだった。

「ありがとうございます、雪穂さん」

私は雪穂さんにお礼を言った。

「希里恵も結婚か…」

グレーのスーツ姿のお兄ちゃんが目を潤ませながら呟いた。

「風斗、まだ泣くのは早いわよ」

そう言った雪穂さんに、
「違うわい、コンタクトレンズがあわないだけじゃい」

お兄ちゃんは言い返した。

今日は、私と周晴さんの結婚式だ。

< 118/ 122 >