ケータイ小説 野いちご

永久溺愛〜オトナの独占欲は危険です〜

オトナと同居生活




朝6時に鳴るアラーム。
ゆっくりと起き上がり、ベッドから降りる。

同じベッドには端正な顔立ちの男が気持ちよさそうに眠っていた。


11月後半のこの時期は気温が下がり、肌寒い中。
薄手の上着を羽織ってキッチンへと向かう。

同じベッドで眠っていた彼と私のお弁当を作るためだ。


セミロングの髪を後ろで束ねて手を洗えば準備完了。


「……よしっ」


昨日に作っておいたほうれん草の胡麻和えを冷蔵庫から取り出す。

もう少し副菜が必要かなと思ったため、きゅうりを適当な大きさに切ってハムで巻いた。


< 3/ 288 >