ケータイ小説 野いちご

永久溺愛〜オトナの独占欲は危険です〜

苦しさにハナれて




次の日は朝から気が重かった。


「大丈夫?疲れてるの?」


10時からのバイト。
開始5分で坂野先輩に心配の声をかけられる。

朝のピークを終え、穏やかな空気が店内に流れている中だった。


「あっ、いえ…大丈夫です」
「じゃあ“ヒロキ”くんと何かあった?」

「…っ」


すぐ当ててしまう坂野先輩。
そんな彼の言葉に、反応を示してしまう私も私。


< 214/ 288 >