ケータイ小説 野いちご

永久溺愛〜オトナの独占欲は危険です〜

プロローグ





朝の通学電車でいつも会う、かっこいいオトナの人。

スーツ姿の彼と隣同士で座った時は、少しドキドキしたのを覚えている。


そんなある日。
雨が本降りになってきた帰り道で。


「……えっ」


駅近くの公園でうなだれている彼の姿を見つけた。
思わず立ち止まらずにはいられなかった。


傘もささず、公園のベンチに座っている彼。
眠っているのか、起きているのか。

少し離れたところからではわからなかったけれど。


「何、あの人…」
「怖いから早く行こう」


彼を見た人は気味悪そうにその場を去る中で、どうして私は公園に足を踏み入れたのだろう。

彼は私のことを知らないかもしれないのに。


< 1/ 288 >