ケータイ小説 野いちご

好きだとか、嫌いだとか。

双子なのに
梨乃side

私は、体育の時間に倒れた。




大丈夫だな!って思って走ってたら具合悪くなっちゃった。





てか、熱が39度に上がっちゃった。



私は途中で意識が遠のいた。









「…り……ちゃん……梨乃……梨乃ちゃん!おはよ!隆斗君が迎えに来てくれたよ。帰れそう?」


私は瞳美ちゃんの言葉で目が覚めた。

でも今はそんなことより気持ち悪い。


やばい吐く!!


私は口に手を当てたら、瞳美ちゃんが袋を渡してくれた。


「あっ!梨乃ちゃん大丈夫?」


なるべく吐きたくないし、我慢しようかな!


なんて考えてたら、りゅうくんが


「吐いちゃった方が楽になるし、我慢しなくていいよ?」


って優しく言われて背中をさすられたから、吐いちゃった。




5分くらい吐き気と戦ってたら、呼吸が乱れてきて発作が起きそうになった。


「オエッ…ゴホッゴホッ……オエッゼェセェ……ヒューッゴホッゴホッ」


やばい💦💦


「梨乃ちゃん、ゆーっくり吸入吸ってね。」


「ヒューッ…ゼェ ゲホッゴコホッ…ヒューッゼェセェゴホッ…ヒュッゴホッ」

無理って意味で首振った。


「大丈夫。大丈夫。俺に合わせて息してね、
スー ハー スー ハー」

優しく背中を摩ってくれる。


「ヒューッ…ゼェセェ…ヒューッ…ゼェセェ…ヒューッゲホッゴコホッ」


「上手だよ!できてるできてる!スー ハー スー ハー」


「ヒューハーヒューッハーゲホッゴコホッヒューッハースーハースーハー」


ようやく呼吸が落ち着いた。

< 15/ 18 >