ケータイ小説 野いちご

鳥居の道標

迷子




「うわ、なんじゃこやつは」

「なんじゃ、騒がしい」

「まぁた、迷い込んで来たみたいじゃ。しかも今度は若い女子(おなご)じゃ」

「またか! もうそろそろこの山も、呪いか何かの悪い噂が出回るぞ」

 耳元で、変わった声がぼそぼそと会話していた。やたら「じゃ」という言葉の多さに、少し耳が痒くなる。

私はゆっくりと重たい瞼をこじ開けた。

「全く、困ったものじゃ。(しるべ)様はどこに行かれた?」

「馬鹿者。標様が行かれる場所など、あやかし商店街以外なかろう」

「ああ全く、あの方はこういう肝心な時に……」

 目の前の生き物の言葉が途切れる。

それもそのはず。薄暗い中、私とその二体はバッチリ視線を交えていたのだから……。

< 12/ 46 >