ケータイ小説 野いちご

身長差30cm、年の差12才、この恋あり

出会い
逃げるなよ!

どうして、聖夜にあそこまで言われなきゃいけないの。



悔し涙が止まらず、こんなに泣き虫だった自分が笑えた。



悔しくて、情けなくて、又、涙が溢れる。



12才も年下の聖夜にバカにされ、あんな奴にもう二度と会いたくない。


走り続けると、いきなり転んでしまった。



どこまでついてないのだろ。



「おいミニ、パンツ見えてるぞ。」



その声は、もしかして聖夜。



何であんたがいるのよ。



「おい無視かよ。」



黙って起き上がり、車に乗ろうとした。



「おい、なんか言えよ。」



「話すことなんかない。」



「ミニ、おまえそうやって又逃げるのか。」



その言葉に動けなかった。



「送ってくから、来いよ。」



「送ってくって、私車だし。」



「俺のバイクに乗せてやるから、来い。」



「車はどうするの?」



「ここ置いてきゃいいだろう。明日又来る訳だし。」



「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 」



「明日は来ないつもりなのか。いいから乗れよ。」


無理やりヘルメットを被せられた。



「しっかり捕まれよ。」



聖夜に言われるまましがみついた。



始めて乗ったバイクは半端なく怖わくて、振り落とされそうで、必死に聖夜の腰に回した腕に力をいれた。



でも、風が気持ちいい。



又、振り出しに戻ってしまったのかな。



逃げ出した原因の聖夜といっしょにいる自分に、少し驚いていた。



今迄の私には考えられない事。



いくら変わりたくても、このままでは駄目な事は分かっている。



分かってるけど、どうすればいいのか分からない。



素直になれない、私がいる。



聖夜は何を考えてるのだろうか。



どうして、私を追ってきたの。





























< 14/ 147 >