ケータイ小説 野いちご

岐阜のケーキ屋と車椅子少年。

プロローグ。
自分の素直な気持ち……。


「いいなぁ~翔馬君のところ猫が居て。
私も触ってみたい」

「なら今度家に連れて行ってやるよ。
ピーターも喜ぶと思うし」

「うん。」

翔馬君と居ると楽しみが増えていく。
私にとって嬉しいことばかりだった。
それから何分間か見た後、3階の本屋に立ち寄った。
翔馬君は、本を一冊買うためにレジに並ぶ。
私も気になる本を探していた。これとか面白そう。

本棚に手を伸ばそうとすると
「あれ?菜乃ちゃん」と涼太君の声が聞こえてきた。
振り向くとやっぱり涼太君だった。
あ、お兄さんも一緒に居る……。

「あ、こんにちは」

まさか2人に会えるなんて思わなかったから
驚いてしまった。買い物しに来たのだろうか?
それにしても仲がいいなぁ……。

「奇遇だな。1人で買い物?」

「いえ。翔馬君も一緒です」

「翔馬?あ、デート?何だよ……アイツ。
俺にデートするって行ってけよ」

翔馬君と一緒だと聞いて涼太君は、呆れながらも
ぶつくさと文句を言っていた。
それを苦笑いしながら見ていた涼太のお兄さんに私は、
「2人も買い物ですか?」と尋ねてみた。

「いや。もう2人。涼太と翔馬君のクラスメートで
亜美ちゃんって子とその子のお母さんが来ているのだけど。
ほら、あの子だよ?」

そう言うと指を差してきた。えっ?
振り向くと本を買ってきた翔馬君と
車椅子の女の子が話し込んでいた。あ、あの子!!

車椅子バスケで見かけた子だ。
あれ?亜美って名前……確か。
涼太君と翔馬君が話していた子のはずだ。
そして涼太君の片想いの相手。


< 75/ 128 >