ケータイ小説 野いちご

お姫様に目覚めのKissを…

スクールライフ
*時の流れるままに*

青「オハヨー!!間に合ったぁー!」
綺「オハヨー!!青海ちゃん。今日も元気だねー。」
蛍「オハヨー、青海チャン。それより、蓮クンは?」
青「蓮?来てないの?アイツ入学そうそう遅刻とかバカだね。ねっ、綺乃?」
綺「えっ、あっでも大丈夫かなぁ?ひょっとしたら事故とか、、、」
青「ないない、ぜっーーたいない!今頃慌てて準備してるって。」

蓮「誰が慌ててるって?」
蛍「あっ、蓮クン!オハヨー。」
蓮「おぅ、オハヨ!桐生もオハヨ」
綺「あっ、オハヨー!」
蓮「で、誰が慌ててるって?青海?
誰かさんが豪快に倒していった自転車の数々をわざわざ全部直してやったのになぁ?」

青「マジ?ありがとー!今度お礼するから、ねっ、許してー。」
蓮「ラッキー、全員にクレープな。」

< 11/ 11 >