ケータイ小説 野いちご

秘密のキスで、甘く溶かして。

その心、乱してしまえば



次の日は学校中、朝から騒がしかった。


「松橋さん松橋さん!
あなた本当にすごいわ!」

なんて、風紀委員会をまとめている担当の先生にも褒められたため、なんとなくわかった。


ウワサの彼が真面目になったのだと。


「やばくない?」
「もう本当に黒髪の水葉くんもかっこいい!」

ただすでに目立っている彼はもう手遅れな気がするけれど。


「あっ、松橋さん」

朝のホームルームが始まるまであと15分。
できれば席についてのんびりしたいのが正直なところ。

けれど彼が来てしまったようで、騒がしくなる教室。
特にドア付近。


< 17/ 36 >