ケータイ小説 野いちご

5時からはじまる甘い罠。

第4話




コミュニケーション能力は低く、運動神経は壊滅的。


そんなわたしにとっては、もっともつらい1日。



「1-4!

優勝するぞー!!」



「「「おー!!」」」



「……」



わたしはクラスメートたちの圧倒的な熱量に目を丸くしてしまう。


……今日は球技大会だ。



「みんな、体育館に移動して!」


「はーい」


「がんばろうね!」


「バレー、一回戦どこと当たる?」



誰もが楽しそうに語る中、わたしはポツンとひとり、おとなしく席についていた。


こういうクラス一丸!的な行事は、昔から苦手だ。


だけど、ひとり一回かならず出場しなきゃいけない決まりなので、わたしはバレーボールに出ることになっている。


……もう、すでにいまから、かえりたい。




< 72/ 171 >