ケータイ小説 野いちご

先生、好きって言って。

4.






それから2週間後。




私はあの一件から先生と会うのがちょっとだけ気まずくなり、やんわりと避けていた。




とはいえ、普通に話はしている。






でも前みたいに休み時間の度に先生の所に行かなくなった。



先生の顔を見たら……嫌でも思い出してしまう。





先生に抱き締められたあの瞬間が、今でも忘れられない。





───そして、野崎先生はというとあれから特に何も話す事はなく何事も無かったかのように過ごしていた。



今でもあの時何をしたかったのかよくわからない。





でも神木くんが一応気を付けていた方が良いって言ってたから少し警戒している。







< 87/ 180 >