ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

彼女になれない彼女

最終確認

午後7時半。
私が部屋から店に下りると、すでに平良がいた。

「珍しいね?」
「うん、ちゃちゃっと食って帰るわ。」
「なんで?」
「なんでって、テスト前だから。」
「ああ、そっか。」

平良がご飯を食べながらチラッと私の顔を見上げる。

「なに、その顔。」
「え?」

思わず頬に手を当てる。
どんな顔だろ。
早く帰るって言ったから顔に出たかな。

「ちゃんと勉強してんのかよ。」

平良がいたずらに笑う。
なんだ、そっちか。

「ご飯食べたらやるよ。」

私も少しムキになって答える。

「平良もここでやっていけばいいのに。」

ふと私の口から無意識に言葉が出た。
平良が私を見つめる。
ん?
変なこと言っちゃったかな。

「・・・集中できねえだろ。」

平良はそうとだけ言ってまたご飯を食べた。

「だよね、ごめん。うるさいもんね、ここ。」

私もそう言いながらやっと斜め向かいの椅子に腰掛ける。

「そういう意味じゃねえよ。」

ボソッと平良が呟いた。


< 9/ 44 >