ケータイ小説 野いちご

君の隣でみる夢

永遠の決意

無事に柚葉が家の門をくぐったのを見届けてから自分の家に帰る。

「お兄ちゃん、これかして~」
「あぁ。」
「永遠、今日お母さんたち出かけるから里華のことよろしくね?」
永遠が帰宅すると妹や母から声がかかった。
「ん」
永遠はぼーっとしながら自分の部屋に向かった。

「ママ、お兄ちゃんが変」
里華の言葉に母も永遠が入っていった部屋の扉を見ながら
「そうね。何かあったのかしら」
と心配そうにつぶやいた。

< 65/ 362 >