ケータイ小説 野いちご

約束〜二人で帰ろう〜

脱出しよう!

「悲しい時に聴きたいボカロは?」

「箱庭の夢!」

「なるほど!私はハロハワユかな」

「じゃあ今度は私!恋をしている時に聴きたいボカロは?」

「う〜ん……。ヤキモチの答えかな」

「私は地球最後の告白をだよ」

「かっこいいと思うボカロは?」

「東京電脳探偵団かな〜」

「私はハウトゥー世界征服!」

「物語風のボカロで一番好きなのは?」

「Alice in musicland!」

「サンドリヨン!」

今日も私たちは話す。監禁されてもう七日くらいかな?この部屋には窓がない。朝なのか、夜なのか、時間の感覚もだんだんなくなってきた。

私はごろんと横になる。瑠璃ちゃんも横になり、私の頭をそっと撫で始めた。私はヨモギを思い出す。

瑠璃ちゃんと話さない時は、いつも家族のことが頭に浮かぶ。お父さんたちは今何をしてるんだろう。

お母さんは元彼氏の要求を飲むのかな?要求を飲んだら私は解放してもらえるの?

でも、と私は瑠璃ちゃんを見つめる。瑠璃ちゃんはずっと私を撫でている。

< 19/ 35 >