ケータイ小説 野いちご

冬 -Domestic Violence-

第4章



第4章


月を見て綺麗だねと言ったけど
あなたしか見えてなかった



被害者 上原シオリ
********************************************


“ピンッポンッ”


「・・・!!」


ドライヤーの音にかすれたけど、
確かに着信音が鳴った。


もう今日は適当でいっか・・。

ブローも途中で終わらせて、机の上に置いてあったスマホへと早歩きで向かう。


パスコードを入れて起動すると、

すぐにLINEを・・
中野さんとのトークルームを開く。





<お疲れさまです。

今日、この前のお連れ様が彼氏と一緒に来店してくれました。

お連れ様、
ものすごい勢いで謝ってくれましたが、

今日は梅酒めちゃくちゃ薄めておきました笑>


「この前は本当に助かりました。
お返しが遅くなってすみません。」


<お気になさらないでください。
ただ・・ちょっとだけ凹みました笑>


「・・・どうしてですか・・?」


<上原さんにまた会えるかなぁって、
ちょっとだけ楽しみにしてたので(^^;)>


「・・・・・・・・・・・・。」


<あ、ごめんなさい!
勝手に期待した俺が悪いですm(_ _)m>



< 48/ 176 >