ケータイ小説 野いちご

冬 -Domestic Violence-

第10章



第10章








夜も更けるいい時間になっていたので、続きは明日ということで小泉の部屋を出た。


とりあえず中野は引き続き小泉が保護しておくという事で・・


「お前はすぐ顔に出るから気をつけろよ?」


「大丈夫っす。桜井課長にだけは絶対バレないようにしますんで!

じゃあお疲れっした!」


成田とも別れ、宿泊先のビジネスホテルまで歩いて帰る。



『少し距離がありますが、
タクシー呼びましょうか?』


「煮詰まった頭を冷やすのに丁度良いから大丈夫ですよ。」


今日も夜になればなるほど寒さが厳しさを増す。


天気予報だと週末には全国的に雪だっけな・・。



< 151/ 176 >