ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

Breath

2017.11

寒くなり始めた頃、結翔から久しぶりに連絡があった。

「凛彩、元気?」

「元気だよ、結翔は?」

「俺も元気、実は親が勝手に申し込んだオ-ディションがあって、あれからずっと忙しかったんだよね。」

と言った。

私は、何のことか分からず、

「オ-ディション?」

とだけ送った。

「うん、ジャパンミラクルボ-イって知ってる?それのベスト100から選ばれたメンバ-がチ-ムを作ってライブしたり、いろんな活動するんだよ。」

ほとんど理解出来ていない私に

「これから、そっちにも何度か行くんだ。またご飯でも食べに行こう。」

と言ったから

「うん」

とだけ送った。

何のことかさっぱり分からない私は、まぁ社交辞令かな位にしか思ってなかった。

< 15/ 215 >