ケータイ小説 野いちご

エリート外科医は甘く強引に溺愛する

今夜はきみといたいんだ


郊外から都心へと舞い戻ると、時刻はすでに二十二時半をすぎていた。音も振動もなく、ゆったりとしている車内にはシーンとした空気が流れている。

気まずいと感じているのは私だけだろうか。少なからず、篠宮先生は彼がなぜあそこにいたのかを気にしている。

優のことも気になるけれど、それ以上に気になるのはさっきの篠宮先生の発言だ。

「こ、婚約者だなんて、強引すぎますよ」

ムッとしながらそう口にすると、運転席からはフッと余裕たっぷりの微笑みが返ってきた。

「柚も乗っただろう?」

「そ、それは、そうなんですけど。でも」

「言ってしまったからには、真実にしなければならないな」

妖しい笑みを浮かべながらまっすぐにこちらを見据える。笑っているけどそう感じさせない瞳は、冗談なのか本気なのかわからない。

私に言うくらいなんだから、きっと誰にでも言っている。結婚相手なら、私なんかよりも他にもっと合う人がいるのに。

篠宮先生も、優みたいに私で遊びたいだけなのかもしれない。他に婚約者や本命がいて、私をからかって楽しんでいる。

優と出会った頃の私は身の程知らずだったけれど、今では自分の立ち位置というものがわかっているつもりだ。


< 43/ 229 >