ケータイ小説 野いちご

エリート外科医は甘く強引に溺愛する

思わぬ策略


「はぁ」

「どうしたの? そんなに大きなため息なんて吐いて」

クルクルとフォークにパスタを巻きつけながら、爽子が苦笑する。

「いろいろとね、大変なのよ私も」

そう言ってから私はドリアを口に入れ、氷の溶けかかったウーロン茶で流し込む。

「ズバリ、恋絡みでしょ?」

「げほっ」

「あは、図星ってわけだ」

美人でクールに見える爽子が少女のようにかわいらしい笑顔を浮かべた。

「で、お相手は?」

「そ、そんなんじゃないわよ」

「そのわりには、顔が赤いんですけど」

「もう、からかわないで」

「ちぇ、つまんない。柚のそういう話期待してるのに」

病院内のレストランで昼食を取りながら雑談していると、目立つ爽子と一緒にいるせいか注目を浴びているような気がする。

彼氏ができたとはいえ、爽子の人気は未だに衰えてはいないようだ。

「柚もいい加減前の恋を忘れて幸せになってよ。いつまでもとらわれてちゃダメだからね?」

「わかってるって。とらわれてはいないから安心してよ」

爽子は病院内で唯一私と優が付き合っていたことを知る人物だ。振られて傷ついていたところも爽子には見せてしまっているので、こうして今でも心配してくれている。


< 122/ 229 >