ケータイ小説 野いちご

羽のように舞い上がって

真子side


わたしは家に帰り、自分の部屋のベッドに座ってハート形のクッションを抱きしめた。


なんで、なんで。
なんでこんなに心が苦しいの。


わたしがあんなことを言ったからだ。だから彼もわたしが嫌いになったんだ。


涙は、わたしのハート形のクッションと心に落ち続ける。


あんなに軽かった心が、涙のせいで重くなってきた。


彼にあんなことを言われてから、ずっと心が重い。
だったら、あのままの方が心が軽くてずっと良かった、ということなんだ。


こんな重さ、耐えきれないよ。


わたしは重さに耐えられなくなって、倒れた。


どうして。


あなたの事を考えれば考えるほど、涙が溢れ出て、止まらなくなる。


お願い、待って。消さないで。
わたしの出会った記憶、消さないで。


わたしの声、届くかな。


ううん、届けなくてはならない。



明日、絶対に、あなたに、本心を、伝えるから。


お願い。わたしと出会った記憶を、消さずに待っていて。

< 20/ 26 >