ケータイ小説 野いちご

羽のように舞い上がって

淳也side


俺は昨日下校しようとした時、見かけたこともない同学年の女子を見かけた。


妖精みたいにふわりとした髪型。
人形のようなうるんだ瞳。
すらりとした美鼻。
雪のように真っ白な肌。


そして、平均の身長は絶対に無さそうな背丈。
まるで、真っ白な子猫のようだった。


彼女の名前は、
春瀬 真子。


彼女の足元を見ると、靴の左右も違った。


俺は心の中でふっと笑った。
あいつ、結構いたずらのやり甲斐がありそうだな。



試しにいじってみたら、本当にやり甲斐があったし、面白い学校生活になってきた。



もう少し、大きないたずらをしてみたいものだ。

< 12/ 26 >