ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

拾ったワンコが王子を連れて来た

お静かに願います


「おはようございます!」

いつもの様にワードローブで制服を受け取り、更衣室へと向かう。

「おはよう! 今日もいい顔してるね?」

以前の様に、待ち伏せして挨拶して来たのは、フロントマネージャーの生田さんだ。

出た…
なんで…?
今朝挨拶したじゃない?
朝食まで作ってくれて、一緒に食べたでしょ?

実は一昨日から、私達は一緒に暮らしている。
彼とは恋人や親族と言った関係ではなく、全くの無関係(上司と部下ではある)の者同士が同じ家に一緒に住んでいるのだ。

だが、他人(ひと)には絶対に知られたくない。特に、一緒に働いている仲間(会社の人間)には知られたくない。
もし、誰かに知られたら…どちらかが職を失う。
どちらかと言うより、間違いなく私の方が職を失うだろう。

何故って…それは、生田さんは仕事の出来る人だからだ。
ゼネラルマネージャーの信頼も厚く、うちの会社(ホテル)になくてはならない存在なのだ。

「おはようございます…」

「今夜どう?」

「お断りします!」

「やっぱりダメか…」と、いつもの様に肩を落として仕事に戻っていく。

なんなのあの人!?

「よっ、おはよう!」

後ろから駆け寄り声を掛けたのは、さっちゃんだった。

「あ、さっちゃんおはよう!」

「生田さん、復活したんだ?」

「え?」

「最近見なかったじゃん?」

確かに…
あの日、突然ウチに押しかけた日から、今みたいに、私を待ち構える様な事はなかった。

「断ってばかりいないで、一度くらい付き合ってあげれば良いのに?」

「イ−ヤでぇす!」

私は誰とも付き合わないし、愛さないって決めてる。

「しかし、あの王子様が、ここまであんたに執着…」

私は、さっちゃんの口を塞いぎ、
「これ以上余計なこと言うと、友達辞めるよ?」と脅す。

さっちゃんは、私の言葉に首を振る。

“ 余計な事は言わない事! ” と更に警告して手を離した。

「でもさ?」と隣で言うさっちゃんに、睨みを効かせると、ごめんと言ってさっちゃんは口を噤んだ。






< 31/ 109 >