ケータイ小説 野いちご

私は彼氏がキライです!?〜クラスメイトとLOVEバトル〜

突然の告白




「コナンちゃんっ!」



放課後、下駄箱で名前を呼ばれて振り返ると、隣のクラスのマナミちゃん。



「どうしたの?」


「聞きたい事があるんだけど・・・あの・・・」



こう言う時は、何を聞かれるのか、だいたい予想がつく。



「倉橋くんと付き合ってないって本当?」



やっぱりね。


何故だか知らないけど、私とアイツが“付き合ってる”って思っちゃってる子が多い・・・。



あ〜ぁ。マナミちゃん、かわいいのに、何であんなヤツがいいのかなぁ?



「付き合ってないよ!」



笑って答えると、不安そうだった彼女の顔がパァっと明るくなる。



恋してんだなぁ。


羨ましい・・・。



「アイツ、最悪に嫌なヤツだから、あんまお勧めは出来ないけど、頑張ってね!」



“ありがとうっ”ってかわいい笑顔を残して、走り去っていく後ろ姿を、ぼぉーっと見送っていると、



ガツンと頭に衝撃。


「痛ったぁーっ!!」



「嫌なヤツで悪かったな?」



私の頭に肘を乗せて、無表情のまま見下ろすのは、



・・・倉橋。



「本当の事じゃんっ!つーか、アンタあんまり私に話かけないでくれる?変な噂たてられて、超ー迷惑っ!だいたいアンタだって嫌でしょ?」




勢い良く払いのけて、歩き出した時、ぐいっと掴まれた私の腕。




「・・・何よ?」


「話がある。」


「えっ?ちょっちょっと・・・」



私の抵抗は無視され、無言のまま私の腕を引いて、倉橋は歩き出した。





.

< 9/ 488 >