ケータイ小説 野いちご

私は彼氏がキライです!?〜クラスメイトとLOVEバトル〜

気持ちの変化




〜♪〜♪〜♪



眠りを妨げる、明るいメロディー。



寝不足を解消しようと、ベッドに潜り込んだのは、夜8時。



頭から布団を被って、なるべく聞こえないように頑張ってみる。



やっと止まったと思ったら再び鳴り出すメロディー。



「もう〜っうるさいっ!!」




ベッドの横のサイドボードに手を伸ばし、それを掴むと、そのまま布団の中で耳に当てた。




「・・・もしもし。」


『さっさと出ろよ。』




確認しないまま出た電話からは、普段あまりかかってくる相手ではない声が聞こえた。



寝起きで働かない頭。



んー・・・?



「・・・誰?」



『寝ぼけてんのか?俺だよ!』



俺?



「どちらの俺ですか?」



荒手のサギ?


時間を確認しようと体を起こして、時計を見ると、もうすぐ11時30分を指そうとしている所。


3時間ちょっとしか寝れてない・・・。



『お前、彼氏の声も分かんねーのかよ?』




彼氏?



私、彼氏なんかいたっけ・・・?



少しずつハッキリしていく思考。




「くっ倉橋!?」



『おっ正解!!』




.

< 36/ 488 >