ケータイ小説 野いちご

ねえ、明日自転車貸してよ。

憂鬱と夏空、

その日のサークルは憂鬱だった。
7月の学内ライブに向けて集中しなければいけないのに、お昼の事が頭から離れなくて身が入らない。

「………か………十花ッ!!!」
「うわあ!!?」
「どうしたの?今日なんかおかしいよ??」

私の名前を呼んだのは 海原心麦(かいばら こむぎ)。
サークル内で1番仲の良い先輩だ。

「えへへ…す、すみません」
「拾い食いでもした?」
「そんな!拾い食いなんて!(笑)」
「それじゃあ何か悩み事でも?」
「いえ、大丈夫です!」

「そっか〜」と言うと心麦先輩はピアノを弾き始めた。大丈夫、落ち着け。冷静になるんだ、自分。


思いっきり息を吸って、
そして深く吐こうとしたその時だ。


ガラガラガラ〜!!!!!!
勢いよく、部室のドアが開く。


心麦先輩が笑う。
「佑馬!遅かったじゃん!」
「すんません!コンビニでアイス買ってました〜」
「ええええずるーい!」


………大丈夫。いつも通りだ。何も変わらない、普段のサークルの光景だ。あとは私がいつも通り笑えば…


「あ!そういや今日珍しく十花と学内で会ったんすよ〜!な?」
「え?あ!そ、そう!そうなのです!」
「何どうしたん?十花なんか今日おかしいで?変なものでも食べた?」
「やっぱ佑馬もそう思う〜?私もさっきそう言ったんだけど違うんだって〜」
「そ、そんな!心麦先輩まで!私が拾い食いなんてするわけないじゃないですか!」
「え〜じゃあやっぱり何か悩んでるんじゃないの?」
「違いますって!!!」
「そうなん?何か悩んどるならこの佑馬さんに聞いた方がいいで!!!なんたって悩み解決のプロフェッショナルとして有名やからな!」



あ〜〜〜もう!!!
皆してなんなの!!!

< 5/ 8 >