ケータイ小説 野いちご

雨の日の恋

雨の日の出来事
雨の日4

【大切な人を守りたい】

「今日はありがとう!」

「ううん!前の約束、守りたかったから!」

「…そっか!また、来てくれる?」

「う~ん、どうだろう?予定がなかったらね」

「絶対に来てね!」

「う~ん、来れたらね!」

「しょうがないな~!」

悠斗君は、いつも幸せそうに笑う。
何かいいことでもあったのかな?

「あっ!!」

ビクッ

「そう言えば、今日の蜂蜜レモン美味しかったよ!」

「本当!?」

「うん!運動部にはとっても最高なんだよ!」

「へぇ~、そうなんだ!」

「あれ…知らなかったの?」

「うん…。店員さんに聞いたの」

「そっか!」

蜂蜜レモン美味しかったんだ…。
また、行くときに買おうかな!

< 24/ 81 >