ケータイ小説 野いちご

裏表Girl

最悪な男



教室へ戻ると、人の気配は全くなかった。


「はぁ…」


私は1人、大袈裟にため息をついた。


「今帰り?」


「ひゃ!!!」


後ろからいきなり声をかけられ、変な声で振り返った私が見たのは…

ニヤッと口に笑みを浮かべた、男子…


「は、蓮見くん!?帰って無かったんだね!」


私はニコッと微笑んで笑顔を見せた。


「あー、そういうのもういいわ。」


は?


「えっと…何がかな??」



< 19/ 172 >