ケータイ小説 野いちご

竜騎士戦記

プロローグ

「ちょっと天翔!まだ起きてないの!?」

外で赤い髪を一つに結び、腰に手を当てて怒っているのは神木緋依である。

「早くしないと間に合わない……」

小さな声でつぶやく黒髪メガネの椎名唯月は入学資料を見たまま硬直していた。

「悪い悪い!寝坊した!」

パンを咥え、制服を着崩したまま寝癖まみれの金髪で家から飛び出してきたのはこの物語の主人公、神原天翔である。

3月25日、この日は竜騎士学園の入学講義がある。3人は学園に向かうため準備をするが天翔のせいで遅刻をしかけていた。

「天翔、唯月!!早く行かないと遅刻扱いで退学になっちゃう!」

緋依はカバンを背負い直し、駆け出す。

「待ってよ!緋依!!か、天翔、行こう!」

3人は学園生活に思いを寄せ、校門に入っていった。

< 3/ 5 >