ケータイ小説 野いちご

学年1のイケメンが探してる美少女は うちの弟です

4 大切な人



………

……




和真の近くまで行き、すぐに声をかける。

和真は、砂の上に座りながら海を見ていた。



「時雨くんと伊勢谷くんは?」

「ちょっと二人で話すんだって。 階段の向こうに居るよ」

「そっか」



どうやら二人は、砂浜からは見えない階段の向こう側に居るらしい。

私は和真の隣に座り、同じように海を眺めた。



「そういや姉ちゃんってさ、円くんたちのこと ずっと名字呼びだよね」

「え? あー……うん、まぁ名字呼びで不都合なこともないしね」



名前の話が出て、ふと気づく。

そういえば私は、二人のことをずっと名字で呼んでいる。

時雨くんには「みぃ」と呼ばれ、伊勢谷くんからは「美麗さん」と呼ばれているのに。



「和真は、時雨くんのことは「円くん」って呼んでるよね。 伊勢谷くんのことは…「トラくん」?」

「うん。 円くんのことは時々「マル」っても呼ぶよ」

「そっか。 それにしても……もうすっかり仲良しだねぇ」


「そりゃあ、頻繁にメールしてるもん。 放課後に3人で遊んだこともあるよ」



え、初耳。

3人で会って遊んだ…って……街行く人に、相当注目されただろうなぁ……。


< 74/ 260 >