ケータイ小説 野いちご

学年1のイケメンが探してる美少女は うちの弟です

2  遭遇



………

……




翌日。

いつもよりも20分以上早く学校に着いた私は、自分の教室をスルーして2年1組に向かった。



「よかった、まだ誰も居ない」



2年1組は時雨くんのクラス。

そして……昨日の写真が撮られた場所だ。



「大体…この辺りかな?」



写真が撮られただろう場所に立って、教室を見渡す。


少しだけ曲がった机の列。

チョークの跡が残る黒板。


……やっぱりこの場所で間違いない。

時雨くんは、この教室で写真を撮ったんだ。



「うーん……でもやっぱり、私が撮っても綺麗にはならないなぁ……」



携帯のカメラを構えてシャッターを切ってみるけれど、なんだかパッとしない。

光の加減?

それともピント?

……全然わからない。



「あれ? 美麗さん?」

「……っ……」


背後からの声に、体がビクッと反応する。

恐る恐る振り返ると、ドアのところに立ってる伊勢谷 国虎くんと目が合った。


< 24/ 260 >