ケータイ小説 野いちご

影を拾った太陽

協力
光凛Side-



男達は桐ヶ谷くんがあっという間にやっつけてしまって、そしてあっという間に男達は逃げて行った。



こんなに呆気なくやられているのに、どうして何度も喧嘩を挑んでくるの?



今回こそは勝てるとか思っているのかな。



「おい。終わったぞ」




恐怖で蹲る私に、桐ヶ谷くんは手を差し伸べてくれた。




あんなに大勢に殴られかけたのに傷ひとつないなんて、この人一体何者?





まぁ、喧嘩の様子を見ていれば一目瞭然なんだけど。



それにしても、傷のひとつやふたつあっても良いのに。



「早く立てよ」



「あ、うん」




怪訝な表情を見せる桐ヶ谷くんの手を慌てて握った。




あんなに怖くて思わず腰を抜かしたのに、桐ヶ谷くんが手を差し伸べてくれた瞬間、そんな恐怖は嘘のように消えた。




どうして桐ヶ谷くんの手って、こんなに安心するんだろう。




「いつまで手握ってんだよ」




「へ、あ、ご、ごめん!」



私のバカ!いくら安心するからって、ずっと手握るとかありえないって!



恥ずかしい!恥ずかしすぎる!



……あれ?手を離そうと思っても、桐ヶ谷くんは手を離そうとしない。




そればかりか、強くなっているような?




「せっかくだし握ってろよ。お前、砂浜苦手だろ」




ドキッ





ふっと笑う桐ヶ谷くんの表情に、胸がトクンと高鳴る。




何なのよ、これ。



さっきからほんとおかしいって。



桐ヶ谷くんの手を握って安心したり、笑顔にいちいち心臓の鼓動が速くなったり。





この前まで何とも思ってなかったのに、空き教室で桐ヶ谷くんと出会ってから、様子がおかしい。





何故かドキドキする胸を必死に隠しながら、桐ヶ谷くんの後ろを歩いた。







この胸の音、桐ヶ谷くんに聞こえてないよね?





< 39/ 152 >