ケータイ小説 野いちご

歴史オタクの勉強会!!

旧石器〜飛鳥時代

「よっしゃあ!!高校合格だ〜!!」

俺、上杉みつるは廊下で叫んだ。

二月十八日、高校入試の結果発表の日。俺は見事合格した!これで卒業まで遊べるぜ〜!!

「いや、上杉。課題が高校側から出てるぞ」

担任の伊達先生がそう言い、分厚めの宿題を俺に手渡す。

「ええ〜!?」

俺は、自分でも嫌そうな顔をしていると自覚した。

「みつる!どうだった?」

「チャオ!僕らは合格だったよ〜」

合格発表がされた空き教室を出ると、廊下で織田凪沙(おだなぎさ)と藤堂恋雪(とうどうこゆき)に声をかけられた。

凪沙と恋雪は俺の幼なじみで、よく三人で遊ぶ。俺たちは同じ高校を受験した。

「合格だったぜ!」

俺がそう言ってピースサインをすると、二人の顔が一気に明るくなった。

「やったね〜!みつる!」と凪沙が喜ぶ。恋雪は、「エッビーバ!」とイタリア語を叫んだ。恋雪は小学五年生から中学一年生までイタリアに住んでいたため、イタリア語が話せる。

「でも課題があるんだよね……」

< 1/ 41 >