ケータイ小説 野いちご

幸福論

第1章 これは仕事
〜まこ〜

次の月曜日、朝出勤すると
既に笹上さんは来ていた。



宣言通り早速プロモートの会議に入る。



これから半年かけて
少しずつ完成するであろう企画に
浮き足立っていた。



それからは毎日のようにリサーチしたり
店舗に出向いたり
ヒルズ内の内装を詳しく話し合ったりと
忙しく日々は過ぎていく。



2週間ほど経った頃、早速新しい作業が入った。



一番楽しみにしていたコーディネートの仕事だ。


この作業はモデルさんと一緒に進める。



相手側の都合により
コーディネート会議が始まるのは今夜の20時。



仕事だから仕方ないと思いつつも
23時までに帰れないことに気分が少し落ちる。




腕時計に目を落とすと
時刻は既に19時30分。



これもまた相手側に合わせた場所は
オフィス内ではないため
急いでバッグに必要なものを詰め込む。






「行ってきます。」

「行って....あ、まこ!」





そう言ってオフィスを出ようとした時、
一般客向けの新作披露パーティーを終え、



次のプロモートに入った
同じく1人で作業中の志乃に呼び止められた。

< 44/ 448 >