ケータイ小説 野いちご

ごめんなさいと言いたい

過去
大和side


はなちゃんがPTSDと心臓の発作を同時におこした


過呼吸で体に酸素が足りない上に心臓の動きも弱くなったら確実に死ぬ


そんな時Vf(心室細動)がおきた


俺は心臓マッサージを開始した


でもはなちゃんが俺の手を握って首を横に振った


恐らく、事故の責任を感じたんだろう


俺や咲に申し訳ない気持ちだったから、もう死んでも構わないと


でも、俺は絶対死なせたくなかった


両親が守った命を俺が奪ってはいけないと思った



< 59/ 70 >