ケータイ小説 野いちご

聞いてほしいよ

もう...無理だよ..... 沙羅side




「はぁはぁはぁ」

今までのこと全部優斗にぶつけて
逃げてきちゃった。

着いたのは昔よくお母さんと来た公園だった。

私は1番好きなブランコに座った。

「もうわけわかんないよ...。」

これからどうしよう...
絶対優斗には嫌われたし顔合わせたくない...

なんであの女の子のこと名前で呼ぶの?
私の事もう嫌いになった?

頭の中でずっと同じことがぐるぐるまわっている

ずっと考えていたらまた涙がでてきた。

「うぅ...どぉ.....して.......優斗.......。」

とその時だった。

「沙羅ーーーー!」




< 6/ 9 >