ケータイ小説 野いちご

カゼカオル

思いと違う再会
大山隼也(おおやましゅんや)

最近の彼女は少し化粧をして
色気づいていた。

ますます綺麗だった。

まただんだんと
遠くなっていく気もした。







< 23/ 147 >