ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

one Love 〜知らなかった恋する気持ち〜

ドキドキの新学期




夏休みが終わっても、太陽はまだギラギラと地上を照らしつける。

窓の外は、今日も相変わらず暑い一日を予感させていた。


「今日から学校かぁ……」


東京に来てまだ二日目。

昨日は今日の準備に一日追われていた。

窓を閉め、掛けてある真新しい制服を手に取る。

手にした瞬間、一昨日の一件を鮮明に思い出した。


どうしよう……

どんな顔して理玖くんに会えばいいのかわからないよ……。


あの出来事の直後、歓迎してもらった食卓の席では目も合わせず……

昨日は昨日で、理玖くんはどこかに出掛けていて夕飯にも顔を出さなかった。

今日の初登校に緊張して寝付けないでいると、夜中に隣の部屋のドアが開けられる音が聞こえた。

帰ってきたのがかなり遅かったみたい。


< 60/ 405 >