ケータイ小説 野いちご

嫁にするなら訳あり地味子に限る!

8.地味子ちゃんの給料を上げたい!

地味子ちゃんが部下に来て3か月経った。仕事も覚えて来て、任せられることも増えた。吉本君よりも気が利くし頼りになる。

ブランド品よりも実用品、学歴より実戦力。ただ、これを露骨にすると吉本君も気分が悪いだろうと、心がけている。地味子ちゃんもそれが分かっている。

ここへ来てからは、会議録を作ってもらうためでもあるが、会議にはすべて出席してもらっている。だんだんプロジェクトの内容も理解してきている。

現在5件走っているプロジェクトの各会議のスケジュールの一覧表を作ってくれた。これで会議の日程調整を間違いなく開始できるようになった。

僕の作った資料も地味子ちゃんに見てもらっている。客観的に読んでもらって意見を聞くこととミスタイプのチェックのため。判断を迷うと地味子ちゃんの意見を聞くこともある。

地味子ちゃんは僕と違って、少し離れたところから見ているので、参考になる。当事者は意気込みが強すぎて感情的になるきらいがある。

僕は部下には、意見を聞くと自分の意見を言ってくれるが、一旦決めたことには従って実行してもらいたいと思っている。

その点、地味子ちゃんはいろいろ意見を言ってくれるが、こちらが判断して決めたことはそのとおりに一生懸命に実行してくれる。

吉本君は自分の意見と違うことには消極的でそれを納得させるのに手間がかかる。それで、吉本君の言うとおりにやらせてみて、うまくいかなくなって相談に来るまで待たなければならない。

室長に言われたようにいろいろな意見を求めても頭が堅いところもあり、僕が求めている意見がなかなか出てこない。部下を育てるのは時間と手数と根気が必要だ。

仕事はできるだけ定時に終わらせるようにしている。大体、遅い時間になると調整や交渉する相手が退社したり疲れてきたりして能率が悪い。

だから、地味子ちゃんの残業もほとんどない。総務部にいるときより給料が少なくなっているのは間違いないが、それを言うと仕事が楽しいから気にしなくてよいという。

総務部にいたころよりも会社に役に立つ仕事をしてくれているのに申し訳ない気持ちになる。でも、してもいない残業手当を付けるわけにもいかない。なんとかしてやりたいので、思い切って室長に相談した。

「横山さんはとても役に立ってプロジェクトも順調に進んでいますが、総務部にいた時より残業時間が減って給料が少なくなっています。少しでも報いてやりたいのですが、なんとかなりませんか」

「横山さんが来てから随分能率があがっているのは承知している。この間、君が休んでいた時の会議もそつなくこなしてくれた。いくら上げてやれば良いのかな」

「残業時間で20時間くらい、金額では3万円くらいで良いかと思います。他の派遣社員とのバランスもあると思いますので」

「年間で36万円増か、分かった。室長の裁量でできるから、任せてくれ」

「できるんですか?」

「派遣社員の経費は企画開発室の予算の委託費に含まれている。研究委託費と同じだ。だから予算内であれば、室長に決裁権がある。人事には業務が増えたと言って、契約をし直せばいいから」

「ありがとうございます」

「そのうち人事を通して派遣会社から本人へ連絡があると思うから、本人と業務の増加内容について口裏を合わせておいてくれ」

「分かりました」

席に戻ると、地味子ちゃんに業務内容が変わってきたので室長と相談して契約をし直すから給料が幾分上がるかもしれないと話した。地味子ちゃんは給料が上がるより、室長に仕事を認めてもらえたことが嬉しいと言った。

それから2週間ほどたって、派遣会社の担当者が地味子ちゃんを訪ねてきて業務内容の打合せをしていた。終わってから嬉しそうに小さな声で僕に耳打ちをする。

「お給料上げていただきました」

こちらも小声で聞く。

「いくら上がった?」
「月額3万5千円です」

「前の残業手当と比べてどうなの?」
「こちらの方が少し多いです。ありがとうございます」

「室長にも目立たないようにお礼を言っといて」
「分かりました」

地味子ちゃんはすぐに室長にお礼を言いに行った。これにて1件落着!

< 9/ 23 >