ケータイ小説 野いちご

社内溺甘コンプレックス ~俺様社長に拾われました~

♡ガラス越しの背中

***

 遠くで電車のベルが鳴っている。

 リリリリと、急かすように。この電車を逃したら家に帰れないから、私はすでにぎゅうぎゅう詰めになっている車両に無理やり体を押しこむ。ドアが閉まる前にどうにか乗ることができてほっとしていると、周囲からの視線を感じた。

 振り返った瞬間、息ができなくなる。乗客たちが一斉に私を見ていた。手のひらくらいの大きさの人間たちだった。これは小人の電車なの?と思った瞬間、自分の体が大きく伸びて、車両の天井を突き破った。地上が遠く、空が近くなっていく。

 やだ、やめて!

 これ以上伸びたくない!

 身長なんて、もういらないんだから!

「おねえ!!」

 体を揺さぶられて、はっと目を覚ます。視界に飛び込んできたのは妹の険しい顔だった。


< 101/ 383 >