ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

王子様は甘いのがお好き

1・密室でのトラブル

佃芽実(ツクダメイミ)、25歳。

――何でこんなことになっているんだろう…?

後ろは壁、目の前には美しい顔をした男の人がいた。

美しい顔の彼は、我が社の社長である藤宮理京(フジミヤリキョウ)さんだ。

どうしてこんな状況になってしまったのかと考えていたら、
「初めてなんだ」

形のいい唇を開いた社長が音を発した。

「は、はい…?」

私は訳がわからなくて、首を傾げた。

ここにいるのは、私と社長の2人だけである。

どうして私は彼に追い込まれてしまったのだろうか?

「君のような女性に出会ったのは初めてなんだ」

「えっ…」

聞き返すために唇を開いたら、その唇は彼の唇によってふさがれてしまった。

――何がどうして、こんなことになってしまったと言うのだろう…?

< 1/ 120 >