ケータイ小説 野いちご

最初で最後の愛を君に


不思議な男の子



「…何してるの?」



誰もいない公園のブランコに座っていると声をかけられた。

顔を上げると小学1年生くらいの男の子が立っていた。


男の子は私と目が合うとニコリと微笑み隣のブランコに座り、私の方を見る。



「また、嫌な事でもあったの?」



そう言うと、男の子はブランコの上に立ち、こぎ始める。



「え…?“また”……?」


「あ!違う違う!今のは言葉の綾と言うか…!?」


「…フフッ。何それ」



慌てる男の子が面白くてつい笑ってしまった。


それを見た男の子は嬉しそうに微笑む。



「良かった!…お姉さん笑ってくれた」



優しく微笑む男の子に思わずドキっとする。


……いやいや。相手は子どもだしドキッとか可笑しいし………



私は男の子から顔を背け、気づけばポツリポツリと勝手に言葉が溢れていた。



「今日、幼馴染の命日なの……。私がちょうどキミくらいの時にね私が殺したの……」


「殺した…?」


「……喧嘩して……今思えば本当に些細な事で馬鹿らしい理由なんだけどね。……それで走って逃げて誤って道路に飛び出しちゃって……車に跳ねられそうになった私を追いかけてきた幼馴染が庇って…それで……ッ…」


涙で言葉が詰まってしまう私に男の子は『そっか…』と呟くだけだった。




< 1/ 6 >